同じ名前の人にたまたま遭遇することだってある

4、5年前、アバンギルドでばきりのライブがあった日。アバンギルドで到着したわたしにラスから「今日のライブ、ガッキー自分の名前で予約してないやんなー。」と問われた。自分の名前で自分のライブを予約する。。なんてことは、さすがにトンチンカンなわたしでもしない、、。開場時間まで謎のみゆき、みゆきさんを待つまで、緊張しつつ、そわそわしていた。小さい頃、ドッペルゲンガーが流行った。自分と同じ自分に会うと死ぬ!とか思い出した。ずっとそわそわしていたのだが、ライブ前に話かけてくれた女性がみゆきさん。同姓同名で結婚後、苗字が変わり、同じ名前になったそう。フェイスブックで同じ名前の私がいることを知り気になって、ライブを観に来てくれたとのことだった。確か大学の院生だった気がする、、私とは全然違って落ち着いた知的な雰囲気を持つ女性だった。

 

「森へ行きましょう」川上弘美

心斎橋パルコでゲットしたオープン記念の特典1000Pで買った小説。本屋さんへずんずん進み、何かよい本はないかと、さほど広くない店内をぐるぐるすること3周。3周目に浜田真理子の帯文が目にとまった。解説も書いている。自分の中でmariko の音楽が流れ出す。これしかない、と会計に進んだ。同じ時代に生まれた「ルツ」「留津」さんが主軸でありながら、途中で違う「るつ」さんたちも登場する。生まれてから六十歳までの彼女たちの物語。同じ時間の中で違う時をすごす「ルツ」さんと「留津」さんの歩んでいく道は対照的、家族構成は全く同じで、でも囲まれている環境が違う。パラレルワールドみたい。友だちや恋人、知人も少しづつ重なり合いつつ、交わりそうで交わらない不思議な世界。この本はいろんな年代の女性が読んでもすごく突き刺さってくるような本だ。その年代に合わせて、あぁーわかる、わかるのうなづく共感や、もちろん、これは私とは全然違うもあって。こんなに複層的に、あの日、あの時、選んだ道、選ばなかった道があったとしたら、、こういう人生があって、違う時空でそれを選択した自分がそこにいるのかもしれないし、いないかもしれないの間を想像してみる。

 

「世紀の光」アピチャッポン・ウィーラセタクン監督

なんとなく見たい映画を探していたところ、この「世紀の光」に辿り着いた。予備知識ゼロ。何か良さそうな雰囲気だけが漂っている。勘だけで選び、十三で友だちと観た。

前半が緑の多い、ほのぼのとした地方の病院が舞台でのんびりとした空気につられて、ちょっと眠ってしまった。後半になると都市的な、どちらかと言えば、閉鎖的な空気が漂う現代の病院が舞台になった。登場する人物は同じで、物語も同じ内容が繰り返される。前半のほのぼのとした、のんびりした、みんながゆっくり生きているような情景がとてもよくて。その分、後半の息が詰まりそう真っ白の空間で隙間のない設備。真っ黒なダクトに引き込まれそうなあの時間が一番怖かった。エンディングは、軽快な音楽とともにみんなが踊っているシーンで終わる。このバランスが最高で、抜けとどこかずっと漂っている時間感覚やタイの言葉も柔らかくて耳に心地よかった。

 

「猫がこなくなった」保坂和志

電子書籍版で購入。短編の「夜明けまでの夜」を仕事帰りの電車内で読んだ。知人たちが弱っていた子猫を見つけて助けようとするお話。後半につれ、その熱量に動かされて、猫が生きること、保坂さんの言葉に突き動かされて泣きそうになる。その時、難波〜、難波〜と聞こえてはっとなり電車を慌てて降りた。頭の中はいっぱいいっぱいで、いつもの乗換えまでの道がぼんやりしていて、ふらふら歩く。言葉にうまく出来ない感覚がせまる。簡単な感傷とかではなく、全く別の心の動かされ方、並行時間をめぐる命の話に動かされる。まだ、うまく言えない。

 

最近、この三つの作品に触れて並行時間の、広大な宇宙のような、尊さのよりどころみたいな、全然違うところから見てみる寛容さ、いったりきたりして考えている。

 

 

12月の末の末に見た映画

元町映画館で上映中の濱口竜介監督『ハッピーアワー』を観に行ってきた。

リバイバル上映で5時間17分という長尺を全く感じさせない、時間感覚が失われて、あっという間やった。

30代後半の女性たち4人が主人公で、彼女たちの人生を巡る物語。私と同世代だ。

結婚、恋、家族、仕事、自分、友人、人生の中できっと実人生でもおこりうるかもしれない苦難がおこり、全てまるまる解決ではなく、ところどころ壊れてねじれたまま終わっていく。でも、最後はとても清々しい気分になれる映画だった。

神戸の街で繰り広げられる風景は、その街と同化するような感覚もあって、でも、彼女たちを通して新しい視点で自分に近づいてきて、それがずっと楽しめるというのか、続きが待ち遠しくなるような映画。一部、二部、三部といったん外に出て待つ時間があるのだけど、待ちきれなくて続きが気になってしかたないし、また、すうっと映画が始まるとすぐにその物語に入っていける不思議。ワークショップがきっかけで参加された方たちがメインのキャストを演じている、そこの、演じる、演じないの境界線の独特さも気になった。

 

男性から女性の怖さがあるという意見も目にしたり、聴いたり、それもなんとなくわかる。でも、うずうず抱えていたいろんな重石をおりゃーっってぶっ壊し、なんとか立て直していく女性たちの姿が、自分たちの再生のように見えて、それぞれの姿がたくましく凛々しくてよかった。

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月はじめの便り

うれしいお知らせあり。11年ぶりにSjQのアルバム『Tours』が12月9日に発売され、先日、リリースが決まったと浅利君から聴いた時は、おぉーついに!だった。

一聴すると電子音の機械的な感じに捉えられそうなんだけど、三人が演奏する体温や熱量がどんどん伝わり、絶妙に自分に迫ってくるようなとてもかっこいいアルバム。

 

さらにうれしいことに、CD版のみに付いているボーナストラック曲の「rad」は、ずっとずっと前に大阪の芸創でSjQのみんなとセッションした音が収録されたもの。最初はいくつかのルールを教えてもらってセッションしたが、自分が不慣れであまり上手くいかず、最後に録音したのが今回のボーナストラックの曲だった気がする。少数点を歌う以外は、みんなの音と呼応するように遊べばいいんやーという環境がおもろくてあっという間の充実感もあり、帰り道に自分の中で音楽の新しい何かが生まれた気がした。

 

このアルバムのリリースに合わせてstand.fm でSjQリーダー魚住さんとSjQのプランナー浅利君が『Torus』にまつわるいろんなお話をするラジオ番組がスタート。こちらの番組、7回目にガキ参加しました。「rad」や大阪で自分たちが影響を受けた音楽環境の話もしました。懐かしいあの頃です。でもって、ボーナストラックの「rad」がフルで聴けてしまうので、気になった方もぜひ聴いてほしい。ほんとかっこいい。

この収録が終わった後も話は尽きず、一時間ほど三人でおしゃべりは続いた。大学生の頃に見た、暗がりの教室で見たサムライジャズのライブ、赤いキーボードを弾く姿が印象的な魚住さんのシルエットだけ覚えていて、なんやそれーやけど、こうしてつながって、今回のアルバムに参加できたの、とても光栄でありがたいことであります。

SjQ『Tours』 

 

11月半ば〜末

11月半ば

f:id:myu1980:20201119172641j:plain

シネヌーヴォにて「セノーテ」を観る。

泉の中に自分自身も身を浸しているような不思議な感覚で映画を観ているというよりは、サウンドインスタレーションのような作品だった。

時折聞こえる獣のような声にびくっとしながらも、泉のどこまでもつづくような深淵と水の音、ごぼごぼとした泡の音が気持ちよさだけでなく、言葉と相まって響いてくるような。不思議な作品だった。

 

その夜、美学校の入江陽さんの音楽制作のオンライン講座。

そういえば、きちんとした形というのか、講座で学ぶのは、20代の頃、大学を卒業して編集教室に通った以来だ。各個人の目的にあう、寄り添い、いろんな角度から提案して声をかけてくださる入江さんの優しいアドバイスにいつもありがたやーとなるほどがいっぱい。他のみなさんの進捗も聴きながら、音楽を作る、組み立てていく、いろんな方法があっておもしろい。

 

 

f:id:myu1980:20201121131320j:plain

南森町の喫茶店にてアップルパイを注文。針の施術後のせいか、身体がぽかぽかする。作るまでしばし時間がかかるとのことでドアの側にある席に座ってぼんやりする。ほどよく冬の暖かい日差しがよくて眠くなる。10分ぐらいかな、あつあつのアップルパイに添えられたアイス。よき休日のはじまりではないか。あつあつと冷たいは大好きな組み合わせだ。そういえば、大学の合宿所の近くにあったピザ屋さんが美味しくて、あつあつのピザにアイスクリームの組み合わせが最高だと20歳のわたしは知った。帰り際、カツサンドも気になると店主さんに言ったら、カツサンドとこのアップルパイをペロリと食べる女子がたくさんいうよと教えて頂く。日によれば、いけるかも。その後、芦屋美術館へ向かう。

f:id:myu1980:20201121143635j:plain

初めて訪れた美術館。中に入ると久しぶりのお友達たちがいて誰かに解説を受けていると思ったらASUNAさんだった。二階に上がるタイミングでわたしも混ぜてもらって林勇気さんとASUNAさんの作品の話をご本人から聞けてラッキーなタイミング。

ずっといたいなーと思えるほどに心地よい空間だった。

浅利君も来ていたのでSJQの新しいアルバムの話を聞く。もうすぐ発売で、数年前に参加したセッションがボーナストラックで追加されているとのこと。たのしみ。

夕方から夜にかけて芦屋市立美術館の外に繰り出して海側まで歩き、また戻ってくる。散策しながらハプニング的な要素でライブが繰り広げられる米子君の「音を海にたどる」ライブツアー。林勇気さんが案内人。芦屋市立美術館から出発して川沿い、海沿いまで参加者のみなさんと連なって散策。ちょっとした遠足気分。コロナになってから知らない街を歩く楽しさがわかった気がする。川沿いから海に続く道の広がり、夕陽に照らされながら演奏するハイライトな瞬間、暗闇の中で明滅する光、鳴り響く音。芦屋浜団地のかっこよさ。

f:id:myu1980:20201121163926j:plain

f:id:myu1980:20201121173913j:plain

 

薄着をしてしまったせいで途中で寒さにやられてしまいそうになったが、いくつかのしびれる瞬間を目撃できた。

最後は芦屋美術館に戻って米子匡司+中田粥+淸造理英子三人のライブを見る。

f:id:myu1980:20201121182438j:plain

あぁーいい1日だった。

11月はじめ

大阪が大阪都にならずでほっとした。

 

鍼治療帰りに川沿いを散策する。歩いていると身体がぽかぽかしてきて気持ちい。ついでに足を伸ばして川沿いの好きな場所に到着。石に座ってぼんやりしているとおっちゃんがトランペットを吹きはじめた。練習中。その音色がとてもよくてリバーブがかかってるみたいでいい。でも、言うてる間にチャリンコ乗って、すぐ違う場所へ行ってしまった。

f:id:myu1980:20201106135802j:plain

 

サタポメンバーと久しぶりの再会。

vinylmanのニューMASK

f:id:myu1980:20210105234224j:plain

ライブ前に少しだけ顔合わせ。

 

ケロさん企画のライブは無事に出来てよかった。

ホーギーカーマイケロ presents
〜立体音響怪談

2020/11/13(金)
@ClubDaphnia
(北加賀屋)
18:30open/start
予約制50人限定
3000yen+1drink

青の正方形立体音響怪談
怖い話
太字のチェックマーク松原タニシ(事故物件住みます芸人)
太字のチェックマーク田中 俊行(オカルトコレクター)
on
立体音響
太字のチェックマーク八方Echos
(多汗ぎゅう+YOTOKU KOBAYASHI)

 

ライブ当日のリハ終わりによって純喫茶にて。

サタポのみんなとリハの合間に純喫茶へ行く機会が多い。

そして美味しいんよね。ご飯が。

お腹が減っていなかったわたしは昭和レトロなデザート。

プリンアラモード

f:id:myu1980:20201113170432j:plain

「マッチを最近、作ったのよ」と言ってみんなに配ってくれた。渋いマッチ。

f:id:myu1980:20201113172226j:plain

サタポライブ PHOTO by kawakubo 

f:id:myu1980:20210106000359j:plain

f:id:myu1980:20210106000548j:plain

f:id:myu1980:20210106000643j:plain

f:id:myu1980:20210106000715j:plain

 

f:id:myu1980:20210106000750j:plain

f:id:myu1980:20210106000821j:plain

f:id:myu1980:20210106000847j:plain

ライブ後 POSE

f:id:myu1980:20210106000928j:plain

f:id:myu1980:20210106000954j:plain

f:id:myu1980:20210106001016j:plain

f:id:myu1980:20210106001048j:plain

f:id:myu1980:20210106001116j:plain

 

2020年10月後半

パリッコさんの本にも載っていた天国酒場に来た。いい場所だったな。

f:id:myu1980:20201110135711j:plain

昔はそうでもなかったけど、神戸がどんどん好きになる。

 

川にまつわるお手伝いが重なった。川の取材のお手伝いをした日にヒスロムが川で撮る映画の撮影用にマイクの貸し出し。わたし、川づいてる。

そのお礼にと後日ヒスロムから本が届く。ヒスロムのヒステリシス。かっこいい。

f:id:myu1980:20201027115623j:plain

その場でしか切り取れない数々の瞬間。彼らを見るといつも尊さみたいなものと人が生きている、その動き、今、ここで動いているぞってことを感じる。以前、彼らの遊び場にも何度か訪れ、その場所で思いつく限り、身体を使ってとにかく遊んだことや少し時間が経って久しぶりに訪れた遊び場があっという間に変わってびっくりしたことも思い出す。街や都市はいつだって変わっていくし、それは意識していないだけで、いつだって動いている、そうなんよなっていう当たり前のことでもあるんだけど、すぐに忘れてしまう。

 

ばきりノす 配信ライブしたよ。

f:id:myu1980:20210105230427j:plain

 

https://youtu.be/fu6G_rfDFhU

 

京都の西京極にあるIZでスタジオお借りしました。

音響:中島京翼(KINARI NO HATA) 照明:nyankee (VJ、空間演出)

スタッフのやっさんに配信やこまごまとした準備をお願いしました。最強のスタッフに囲まれて、無事に歌い終えることができてほっとした。
みんな、ほんまにありがとう。唄うってやっぱり楽しい。視聴してくださったみなさま、ありがとうです!リンク先から見れるので未視聴の方はぜひ見てくださいね。いろんなところへ旅をしたような気分になるとの感想も伺えてありがたや。

f:id:myu1980:20201030144944j:plain

相方ラスの男前な後ろ姿。